交際相手をマッチングする「match.com」を運営するマッチ・ドットコムジャパ...

サイトバナー

「婚活」は「恋愛科学」で 結婚特化の新サービス「match.com marriage」

交際相手をマッチングする「match.com」を運営するマッチ・ドットコムジャパンは6月11日、結婚相手探しに特化した新サービス「match.com marriage」(マッチ・ドットコム マリッジ)を始めた。

恋愛に関するベストセラーで知られる米国の人類学者、ヘレン・フィッシャー博士による性格診断テストなどに基づき、最適な相手を紹介できるという。

(中略)

サイトが紹介した相手に対し互いに関心があれば、質問などをメールでやりとりし、「初顔合わせ」(初デート)に至る──という流れ。登録プロフィールは紹介されたユーザー同士のみ閲覧できるなど、プライバシー保護も堅めになっている。

オープン当初の料金は、90日間コースが2万円(通常料金は3万円)、180日間コースが3万円(同5万円)、365日間コースが5万円(同8万円)。

フィッシャー博士は「相手を選ぶ要素にはルックスやライフスタイル、経験などに加え、生物学的な相性もある」と診断テストの有効性を説く。

さらに「不安な時代には人間は基本、つまり『愛』に戻ろうとする。DNAを残すために、生物学的にも、結婚したい人が増える時期だ」として、「『コンカツ』はいい言葉。昔から女性が自然にやってきたことを、言葉ができることで堂々と現代でもできるようになる」と、女性からの婚姻アプローチは珍しいことではないと解説する。「match.com marriageが21世紀の『ナコウド』になると信じている」

Yahoo!ニュース(ITmediaニュース)