婚活とは結婚活動の略称で、就活と同じように結婚するために行う活動のことを指します。

サイトバナー

婚活とは

「婚活」のことばの由来

婚活」という言葉は、家族社会学者である山田昌弘中央大学教授と少子化ジャーナリストの白川桃子さんがAERAの取材をする中で産まれた言葉で、初出は2007年11月5日号とのことですから、比較的新しい言葉と言えます。

結婚するための活動、「結婚活動」を略した言葉であり、就職活動を就活と呼ぶのと同じだと思うとわかりやすいでしょう。

2008年3月に共著「婚活時代」が発売されて話題になり、婚活という言葉は一気に知名度を上げることとなりました。

その後雑誌やテレビでも取り上げられるようになり、2008年の流行語大賞にもノミネートされました。

結婚を意識している世代以外にはなじみの少ない言葉ではあるため、ノミネートに疑問を持つ声もありましたが、少なくとも現代の日本を表す言葉として、「婚活」は重要なキーワードであることは間違いありません。

婚活の定義

婚活の言葉の定義は曖昧で、どこからどこまでを婚活と呼ぶのかなどの明確な基準はありません。

現在のところ、結婚のために行う行動全般が「婚活」と呼ばれています。

就職をする時に就活(就職活動)をした方がほとんどだと思いますが、志望する会社へのエントリーや面接だけが就活ではなく、面接対策やSPI試験の対策、会社の下調べやOB訪問など、色々な行動が就活に含まれていましたよね。

それと同じように、結婚とは直接関係ないようにも思える「体を鍛える」「エステに通う」「料理教室に通う」事も婚活の一部に含まれますし、「貯金をする」事も、結婚資金を貯めるためという目標があれば婚活の一部と言えるでしょう。

出会い探しが最大の婚活しかし、婚活の中でも最も代表的なものは、「結婚相談所への登録」「お見合いパーティーへの参加」「婚活サイトの利用」など、新しい出会いを求める場への参加と言えます。

結婚は自分の他に相手が必要ですので、結婚相手を探すことが婚活の第一歩であり最終目標であると言えるからです。

ただ、同じように出会いを求める場合でも「合コンへの参加」や「インターネット上のメル友探し」で婚活を行うのは難しいでしょう。

場合にもよりますが、合コンやメル友などは『結婚』を意識している人が多いとは限らず、中には恋人がいる場合や既婚者の場合もあります。

婚活はあくまで結婚への努力ですから、結婚を考えている人同士の出会いが重要なのです。