未婚率が年々上昇している今の日本では、結婚するためには婚活が必要なのです。

サイトバナー

婚活が必要な時代

なぜ婚活が話題になったのか

前ページで見ていただいた未婚率グラフの通り、日本人の未婚率はどの世代も上昇を続けています。

そもそも未婚率が上昇している理由として「女性の社会進出」「結婚に対する価値観の変化」「(結婚相談所以外での)お見合い件数の減少」などが挙げられていますが、単純にどれが大きな原因だとも言えず、また原因がわかったところで元に戻すことは出来ません。

そんな時代だからこそ、結婚するためには結婚するための努力『婚活』が必要になっているのです。

なぜ未婚率が上昇しているのか

考えてみれば不思議なもので、なぜ男女ともに「結婚したいけど出来ない」と考えている人が多いにも関わらず未婚率は上昇を続けているのでしょうか。

「結婚したい」というニーズはあるのですから、その男女同士が結婚出来れば未婚率が急激に上昇するとは考えにくいのです。そこに、未婚率が上昇している理由と婚活で重要なポイントが隠れています。

結論から言ってしまえば、「結婚相手に求める基準が高くなっている」事が大きいと言われています。

1970年代・1980年代では、適齢の男女が独身でいると親や親戚、上司の紹介でお見合いを勧められ、良縁があればそのまま結婚するケースが多く、「いざとなったらお見合結婚できるし、そういうものだ」という考えが浸透していました。

しかし、社会の変化に伴って若者の考え方も変わり、「お見合い結婚ではなく、恋愛結婚でないと」という流れになっていきます。

そして現代では「この人と結婚することで自分にメリットがあるかどうか」を考える風潮が強くなっているそうです。

メリットがないと結婚しない時代?経済的に楽になる、家事が得意などの直接的なメリットはもちろん、相手が美人だから・若いから・背が高いから周りにうらやましがられる、など自分が享受できるメリットを強く求めるようになっているのです。

それが良いか悪いかはともかくとして、逆の立場で言えば「相手が自分と結婚することにメリットを見出してもらえなかったら結婚できない時代になっている」のですから簡単に結婚できなくなっているのも頷けます。

だからこそ、自分の価値を高めて、自分が相手を認められ相手からも認められる結婚相手を探す、「婚活」が必要になっているのだと言えるでしょう。