結婚相談所には「データマッチング型」「インターネット型」「パーティー・イベント主催型」などのタイプがあります。

サイトバナー

結婚相談所にもタイプがある

結婚相談所の種類

結婚相談所は、大きく分けて3つのタイプがあります。

結婚相談所に入会する場合は、自分がどのタイプに合っているのかを考えてから入会しましょう。

データマッチング型(エスコート型)

データマッチング型データマッチング型は、結婚相談所側でマッチングを行い、会員の希望に合った人同士を紹介するシステムです。

年齢・職業・年収・学歴・喫煙などの希望データを入力する事で希望に近い順に会員を紹介してもらえるため、条件外の人と会わず効率よく婚活を進められます。

お見合いのセッティングを含めて結婚相談所側で進めてもらえるため、仕事が忙しくて時間が取れない方や自分から相手を探してアプローチするのが苦手な方に向いていると言えるでしょう。

インターネット型(検索型)

インターネット型こちらはmatch.comやブライダルネットなどに代表されるタイプで、会員登録後に理想の条件を入力して検索、交際の申し込みを行う形式です(もちろん相手から申し込まれる事もあります)。

データマッチング型と異なり自分で相手を検索してアプローチする必要があり、サイトによっては申し込み・返信の回数が決められている事もあります。

特に男性の場合は受け身な姿勢だと交際まで発展する事が少ないですので、自分で好みの異性を探してアプローチしたいという方におすすめです。

お見合いパーティー・お見合いバー型

お見合いパーティー型これはその名の通り、結婚相手を探している独身の男女を集めたパーティーを主催するタイプです(最近ではお見合いバーとも呼ばれるようです)。

前2つの形式を主体とする結婚相談所でも開かれていますが、お見合いパーティーを専門とする会社もあります。

パーティーという開かれた場で一度に複数の異性と話が出来るというメリットがあり、結婚相談所が主催している場合は順番に話をする時間が設けられていますので声をかける勇気がない方でもPRのチャンスがあります。

一度に多くの人と会って実際に話をしたいという方におすすめです。

最近ではほとんどのマッチング型結婚相談所でも独自のイベント・パーティーを開催しており、会員でなくても参加できるイベントが増えていますから、お見合いパーティー専門の結婚相談所に登録する必要がなくなってきているとも言われています。