地域の婚活パーティーに行ってきましたが、民間企業の婚活パーティーに参加すべきでした。

サイトバナー

地元の婚活パーティーに参加

やっぱりお役所仕事

ある日、市役所に住民票をとりにいったときに目に留まったのが「○○市主催 婚活パーティー」なるポスター。

私の住んでいる地域は典型的な高齢化が進み、新しい家庭が生まれていない地域なのでこういう活動を市がする必要もあるのかなと思いました。

市民税を払っていますし、実際にそろそろいい相手がいればと思っていたので参加してみることにしました。少なくとも同じ市にすんでいる人が参加するので、つきあうことになったり結婚するときになったときに住居の場所等で悩むことはなくていいのかなと思ったことも市役所主催の婚活パーティーに参加しようと思った大きな理由の一つでした。

参加してみて思ったのですが、やはりお役所仕事!!でしたね。

まずは「婚活アドバイザー」なる講師の先生の講演を2時間にわたり公民館で参加者全員がきくという。民間では絶対にあり得ない構成となっておりました。

そして、参加者の年齢層が高い高い!女性は35歳以上。男性陣は40代以上の方がほとんどでした。地域の特性もあるのでしょうが、やはり市役所主催のパーティーとなるとどこでもこんな感じなのかもしれません。そんなわけで31歳の私は女性陣ですらほとんど年上のおねえさまがたでした。

さらに昼食は立食形式とかではなく一つのテーブルを皆で囲む形でしたので、基本的には最年長の男性が取り仕切るという形になってしまい婚活パーティーというよりは町内会の会合といった感じでした。一応、昼食を食べる会場はおしゃれなイタリアンレストランであったということだけが唯一の救いだったと思います。

婚活パーティーに参加したわけですが、結局、地元の人と親睦を深めただけで終わってしまったといった感じでしたね。やはり婚活を本格的にしたいのならばちゃんとした民間の企業の婚活パーティーに参加すべきだと思いました。

ただ、一つの経験としては市町村主催の婚活パーティーに参加したのはいい経験だったと思います。