結婚相談所では、カウンセラーの方に相談するのが一番です。お陰で私は結婚できました。

サイトバナー

30歳近くからの結婚相談所

婚活は「諦めない」が重要です

私は三十歳近くなってから、結婚相談所に入会しました。周囲の友人や知人はどんどん結婚していき、自分だけが取り残されたような焦りを感じていたからです。親の勧めもあり、思い切って違う世界に飛び込んだのでした。

入会の際は、どんなお相手を希望するかということと、自分の結婚に対する考え方などをカウンセラーの方にお話ししました。その条件をデータ化し、コンピュータに登録します。それを元に、相性の良さそうな人が紹介されるというシステムでした。

一ヶ月に二回ほど、お相手のデータが書面で送られてきます。入会してしばらくは、かなりたくさんの紹介書が届きました。ありがたいのと同時に、どなたとお会いしたらいいのか迷う気持ちもありました。結婚相談所に入ったということで、自分の条件に完璧に合う人を求めてしまったのかも知れません。

カウンセラーの方からは、あまり条件にこだわり過ぎず、総合的に判断するのが大事だとアドバイスされました。それからは、絶対に譲れない条件以外は、柔軟に考えるよう心がけました。 

その結婚相談所では、カジュアルなお見合いパーティなども行われました。レストランを貸切にし、数十人の会員が集まるというものです。軽食を楽しみつつ、何人かの方とお話しましたが、残念ながらご縁のある方がいませんでした。

その後、紹介書のおかげで、数人の方と交流することができました。

何度かお会いしたにもかかわらず、突然お断りの連絡を下さる方もいました。また、初対面の時から素っ気ない態度を取る方もおられました。その度に、また振り出しに戻るのかとがっかりしていました。

しかし、こんな私にも、最終的には運命の人が現われました。今はその人と結婚し、幸せに暮らしています。

結婚相談所では、出会いと別れが繰り返されます。時には精神的に疲れることもありますが、めげていては何も解決しません。自分で自分を励まし、少しでも前進していくことが必要だと感じました。

また、不安や不満があれば、カウンセラーの方に相談するのが一番です。私は、カウンセラーの方が親身に話を聞いて下さったおかげで、何度救われたか分かりません。

最後まで活動を諦めず、投げ出さないことが、幸せへの鍵ではないかと思います。