人が人に惹かれるという事は、内面だけでなく、外見から想像できるイメージも大切です。

サイトバナー

婚活デビューの苦い思い出

内面だけではなく外見も重要

私も今年で30歳になり、若いころと比べ、ますます結婚願望というものが強くなってきました。
親しい友達が一人二人と結婚を決め、幸せそうな姿を見るたび、私はこのまま一生独り身なのでは…と不安になっていました。

当時、私にはお付き合いしているような男性はおらず、結婚迄には、まだまだ時間がかかりそう…。
そんな結婚に対する焦りもあり、私は婚活を始めようと決意しました。

女性ばかりの職場で働いている私には、職場での出会いを期待することもできません。

さらに、20代の頃には多かった合コンも、30歳となった今では誘われる回数も少なくなってきており、男性と知り合うきっかけが、年々少なくなってきているのも事実です。

そんな時、友人の誘いもあり、お見合いパーティーに出席することになりました。誘ってくれた友人も、私と同じ30歳。同じように、結婚に焦りを感じている女性の内の一人です。

肝心のお見合いパーティーの結果はというと…結局、お見合いパーティー初心者の私は、男性とあまり話すこともできず…結果、一人の男性とも仲良くなることができませんでした。

しかし、一緒に行った友人の方はというと…一人の男性と、中々いい雰囲気になっており、連絡先の交換も済ませたとのことでした。

落ち込み気味で帰宅した私は、その日の出来事を思い返していました。


その日、待ち合わせ場所に現れた友人は、いつもと全くイメージが違いました。

その時は、特に気にしていませんでしたが、今考えてみると、いつもパンツスタイルの友人が、今日は裾にレースが付いたワンピースを着て、上には薄いピンクのカーディガンを羽織り、とても上品な女性という雰囲気を醸し出していました。

当の私はというと、いつものように黒のパンツスタイルにシャツという何とも女らしさのない恰好で、女性らしい彼女とは正反対のファッションでした。

それから数週間後、再度友人に誘われお見合いパーティーへ出席することになった私は、まずは服装を変えてみようと思いデパートを訪れました。

そして、できるだけ品があって女らしく見える服を意識し、店員さんの協力の下、見つけだしました。

そしてパーティー当日、その服を着てパーティーへ出席したところ…以前の時には、全くといっていい程、見向きもされなかった私が、服装をかえたことによってか、前の時よりも多くの男性が私に興味を持ち、話しかけてくれるようになったのです。

そしてその日、私はパーティーが始まった直後から気になっていた男性と連絡先の交換をすることに成功しました。

人が人に惹かれるという事は、内面だけでなく、外見から想像できるイメージも大切なのだと今回の件で実感しました。