なるようになれと諦めていましたが、上司の紹介で参加した婚活パーティーでお付き合いする女性ができました

サイトバナー

偶然参加した婚活パーティー

参加のきっかけは職場の上司

私は俗に言うイケメンではないため、あまり女性とお付き合いしたことはありませんでした。そうこうしているうちに30歳を過ぎ、両親からも無言のプレッシャーを感じるようになりました。

学生の時には何回か合コンにも誘われることもあったのですが、あまりお付き合いには結びつきませんでしたし、かといって昨今流行りの婚活という言葉とも少々無縁でした。

お見合いという程古風な話は普通の家庭で育った私には特に縁はありません。婚活サイトや結婚相談所へ登録するのも少し怖い感じがするのと、多少の恥ずかしさがあってできませんでした。

もうなるようになればいいのかなと自分自身半分諦めていたのですが、最近市町村や市内の商工団体、地元のホテル等が企画実施する婚活パーティーが増えてきました。

といっても最初はとりわけ興味もなかったのですが、ある日のこと、職場の上司から「今度ある婚活パーティーに参加しないかい?」と声をかけられました。なんでも、上司の息子さんが仕事柄婚活パーティーの企画運営をやっており人数を集めたいとのことでした。

土曜日の夜開催だったので最初はあまり気乗りしなかったのですが、これも仕事だと思い、行ってみることにしました。

会場は市内の結婚式の2次会なども行うパーティーレストランで、少々華やかな雰囲気で会場が作られており、飲食フリーの立食形式でしたので、あまり自分から身動きがとれず空いていたイスに座り食事を楽しんでいました。

だんだんといくつかのグループが自然に出来上がるのが分かっていたのですが、しょうがないと思って終わるのを待っていたところ、一人の女性に声をかけられました。

その女性もあまり気乗りしなくてとのことで、同じような境遇だったので一緒に座って食事をしながら婚活パーティーの愚痴を言い合っていたところ、その愚痴を通してなんとなく話が盛り上がり、結局最後に連絡先を交換することになりました。

市内のパーティーだったので、住居も同じ市内とあり、翌週2人で映画を見に行くことになり、そんなデートを数回続けているうちにお付き合いすることになりました。

まだ結婚するところまで話は進んでいませんが、今思うと、声をかけてくれた上司に感謝です。