理想なき婚活では幸せになれない! 婚活とは、「結婚するための活動」全般をさすよう...

サイトバナー

自分に合った婚活方法を見つける

理想なき婚活では幸せになれない!

婚活とは、「結婚するための活動」全般をさすように、いろいろな方法があります。婚活と言うとすぐに出会い系サイト、お見合いパーティー、結婚相談所という選択肢が浮かび上がりますが、まずは自分がどんな結婚をしたいのか、自分はどういう人生を歩みたいのかを明確にしなければいけません。

このファーストステップを怠ると、いつまでたっても結婚できない・結婚しても価値観の不一致ですぐに破たん・・・という結果になりかねません。

まず、恋愛結婚をしたいのであれば、「彼氏/彼女」よりも「好きな人」を見つけなければいけません。「彼氏/彼女」は無理してでも作れます。告白してきた相手と交際すれば、その人は彼氏/彼女」です。

ですが、好きな人は自然と出来るものです。無理に探しても出来ません。ということはつまり、「好きな人は作ろうとせず、いろいろな人と出会って、出会った中から好きな人が自然と出来るのを待つ」ということをしないといけないんです。

条件中心で探すような婚活サイト、結婚相談所の紹介、友人の紹介、お見合いはだめです。とにかくより多くの人と出会えるようなパーティー、クラブ、合コン、趣味のサークルなどに行かなければいけません。なぜなら、他人やコンピューターのプログラムはあなたの感情なんて知ったこっちゃないからです。どんな人を好きになるのかは誰にもわかりません。あなた自身も分からないと思います。

なので、この点を勘違いして「婚活!!」とのめりこんでしまうと、いつまでたってもピンとくる相手が現れないばかりか、周りから「理想が高い人」と思われてしまい、人間関係にも悪影響を及ぼします。

ですが、多くの人は、収入、年齢、職業、親族関係などの条件を前提としつつ、条件に合った人に好きという感情が芽生えるかを基準に婚活をしていると思います。そうなると、まずはサイトや結婚相談所で条件で絞り込み、条件に合った異性と複数会って同時進行で交際してみることが必要になります。スタートは条件ありき、なのですから。

ただ、複数の人と一度に肉体関係を持ってしまうと、後々のトラブルの原因にもなりますから、節度をわきまえたお付き合いを同時進行で行うのがいいかと思います。サイト、結婚相談所といった場所で出会った異性ならば、相手も同じように複数の人とあなたを比べている可能性が高いですから、お互い様です。

ここで一番気をつけたいのは、条件で絞り込んで複数と交際をしている間、最終的にだれか一人に確実に絞り込む!というルールを自分に課さなければいけません。

ずるずると、いつまでも誰もピンとこない・・・と引き延ばしていても時間の無駄です。自分が今知っている異性の中で一番気が合う相手を選ぶ、消去法的な選び方にしないかぎり、きっと誰に対しても特別な感情は抱かないままになるからです。

婚活をしている人の中で一番もったいないやり方をしている人は、せっかく条件に合う異性と出会っても、この人はピンとこない、この人もピンとこない・・・ととにかく駄目だしばかりしてしまう人です。

ピンとくる人と結婚したいのであれば、最初に言ったような方法で探さないといけません。条件ありきで燃え上がるような恋愛感情を芽生えさせようとしても無駄です。条件=冷めた理屈っぽい思考、恋愛=理屈はさておいた感情、なんですから、両立するわけがないんです。

とにかく、自分が本当はどういうスタイルで相手を選びたいのかを明確にするべきです。

恋愛感情最優先であれば、とにかく異性にいつ見られてもいいように、常に髪の毛やファッション、女性ならばメイクに気を使い、幅広い異性に受けるこーディーネートをしなければいけません。
条件ありきならば、自分の求めるくらいの条件を満たした異性が自分を選んでくれるかどうか、相手の立場に立って考え、自分をどうプレゼンテーションしていくか考えなければいけません。

時には条件の見直しが必要でしょう(例:外資系の海外勤務の可能性がある男性と結婚したいのであれば、ある程度の外国語を身に付けた女性が望ましいだろう。しかも、そういう結婚相談所に入会しているだろう。でも、私は外国語はぜんぜん駄目だし、高級な結婚相談所に入れる視力もない。じゃあ、海外勤務はあきらめよう、など)。

以上を読んでみたうえで、もう一回自分に問いかけてみてください。

「自分はどんな結婚をしたい?
自分はどういう人生を歩みたい?
自分の求める結婚が出来る異性はどこにいる?」