ラウンジメンバーズへのインタビュー7。今後の目標、自社の強み・弱みなど

サイトバナー

ラウンジメンバーズ インタビュー(7) ラウンジメンバーズの特長と今後

北野様、益子様ラウンジメンバーズ インタビュー

ラウンジメンバーズについて気になるポイントを、このお二人に答えていただきました!

オフィシャルアドバイザー 北野様(写真右)
カウンセラー 益子様(写真左)

ラウンジメンバーズの特長と今後

-御社のサービスの強み、弱みというのがあればお願いします。

益子:ラウンジメンバーズの強みは、専任のカウンセラー制度というところと、あとは「入会者を増やす」というところよりも「会員の成婚率」に重点を置いてフォロー、サポートしているというところが一番大きな強みですね。

北野:やはりIBJシステムのデータベースを見れるというのは強みなのかなと思います。全体の人数は大手様に匹敵する数になってきましたから。あとは、せっかく自社のラウンジを持っているので、会員様同士のパーティーを毎月開いたり、会員無料のセミナーを外部から先生をお呼びしてやっていたりするところですね。

-弱みはいかがですか。

益子:そうですね、相談所ネットワークの話が出てきたかと思いますが、お陰様でどんどん規模が増えてきて、色々な相談所さんに登録いただいているんですけど、「パソコン自体も使うのが大変だ」というご年配のカウンセラーさんがいたりとかがあるので、そういった方にもきちんと教育をして全体でちゃんと統一する事が出来たらな、と思います。

北野:他社さんもそうかもしれませんが、本当に受け身の方を一人一人しっかりと叱咤してお世話するようなタイプではないので、完全に受け身のような方には向かないと思います。あとは男性カウンセラーが基本的にいませんね。

-あ、そうなんですか。男性カウンセラーを希望される会員様とかいないんでしょうか。

北野:男性カウンセラーが全くいないわけではないですが、例えば各店舗に一人ずつとか、そういう感じではないですね。9割ぐらいは女性のカウンセラーを希望されますけど、時々「自分は男のカウンセラーがいい」という男性会員様はいらっしゃいます。その場合は「申し訳ありません、男性カウンセラーは(新宿には)おりません」というしかないので、弱みといえるかもしれません。

-カウンセラーの指名は出来るんですか?

北野:基本はできないです。最初にカウンセリングをして、ご入会が決まったらご入会を担当した者と店長で担当のカウンセラーを決めています。ただ、人間なので合う合わないは出てきますから、交代を希望されたらそれはできます。

-料金的なところではいかがでしょう。

北野:弱みとも強みとも言えますが、先ほどもお話しした通りラウンジメンバーズでは男性も女性も同じ金額頂いています。男性も女性も同じ金額なんですよと言うと、男性の方は「お金を払って活動されている女性の方が結婚に本気なのだろう」と安心されますね。

また、他社様では「入りたいけどお金がなくて・・・悩んでます」と営業の方と話している間に「それじゃあ特別に」と半額になったという話もたまに聞きますが、それをやってしまうと会員様の間でモチベーションにバラツキが出てしまうので、それもないです。そこも逆に弱みかもしれません(笑)。あとは書類も全部揃える必要があって、自己申告だけではNGですね。

-書類とは何が必要なのでしょうか。

北野:身分証明書、学歴証明書、収入証明書、独身証明書ですね。あとはご職業が医者ですとかの場合は、医師免許などのコピーも提出いただいていて、それがないとプロフィールに「医者」とは記載できません。写真はカメラマンの腕でどうにかなってしまいますけど(笑)、絶対プロフィールに嘘はないです。

-それではラウンジメンバーズの今後についてですが、将来的な目標を教えて下さい。

益子:私個人の目標にもなりますが、成婚をたくさん出して、成婚率をアップさせたいですね。

北野:大きな宣伝をしなくても、誰もが知ってる会社になるといいなと思います。例えば、10年後に「婚活が当たり前、結婚相談所に登録するのが当たり前」という時代になったときに、「ラウンジメンバーズのサービスはいいよね」「結婚相談所といったらラウンジメンバーズだよね」と言われるようになったらいいなと思います。そのために今、成婚率を上げて結果を出さないといけないし、サービスの向上もやっていかないといけないかなと思います。

-最後に、婚活をこれから始める方、今婚活真っ最中の方にメッセージをお願いします。

益子:楽しく前向きに頑張ってください。そして、よかったらラウンジメンバーズで一緒に頑張りましょう。・・・短いですが(笑)

北野:結婚はみんな一回してみるほうがいいと思います。そのお手伝いをできたらいいなと思いますし、例えば出会いがないだけとか、チャンスがないだけなら、待ってたり、あきらめたりしないで、自分でどんどん前向きに活動したほうがいいですよ。きっとあなたを待っている人はどこかにいますし、私たちはそのお手伝いをしますので、是非ラウンジメンバーズをよろしくお願いします(笑)。

-本日はお忙しいところ、ありがとうございました。